トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月29日 (火)

生ゴミ

我が家では台所から出る生ゴミは、極力裏庭の植え込みに埋め市の回収には出さないようにしている。

植え込みといっても、八朔・柿・夜香木・ゆり・ジンジャー・みょうが・あしたば・にら・アスパラなどが雑然と葉を茂らせているだけだが、季節の移り変わりに合わせそれぞれが、芽を出して食材となり、花を開いて芳香を放ち、実をつけデザートとなってねずみととらを楽しませてくれる。

夏の初め植え込みの端に瓜が芽を出し、どんどん成長して垣根の檜にまでつるを伸ばしてきた。どんな実をつけるのか楽しみにしながら放置していたが、ある日突然柿の木の枝が折れ、太いつるとともに大きく育った「とうがん」の実が柿の主枝にぶら下がって現れた。

瓜の正体は、昨年生ゴミと一緒に捨てられた種から発芽した「とうがん」だったのである。紐と網でハンモックを作り、実を乗せて成熟するのを待っている。他にも小さな実が育っていて、今年も沢山食べられそうだ。

Dscn0486

Dscn0487

2006年8月26日 (土)

トラブル

 1ヶ月ほど前、パソコンの動きが次第に鈍くなり、遂に動かなくなってしまった。原因は、スイッチを入れてから動き出すまで、余りに時間が掛かるので、速くしようと余分なファイルなどを削除している間に、削除してはならないものを削除してしまったためらしい。

どうせ動かないのだからと意を決し、OS(Windows Me)の再インストールを実行した。当然これまで蓄積してきたデータは全部削除されてしまい、何とも空しい思いがしたが仕方がない。

再インストールの結果ようやく動き出し、現在は相変わらずスタート時間は掛かるものの支障なく使っている。また、外付けHDDを購入しバックアップ体制を整えた。

蓄積してきたデータの中で最も惜しまれるのはデジカメのデータで、特に海外旅行の写真であった。パソコン本体以外で、古いフロッピーなどデータが残っていそうな媒体を片っ端から点検し、ある程度回収・修復することができてほっとしている。

ここに取り上げた写真は、デジカメを初めて持参したロシア旅行(01年7月)の写真で、探し出したデータの一部である。データ探しをしながら、お陰で当時の思い出を新たにすることができた。

Img_0366 サンクトペテルブルグ

復活教会

Img_0460                       

エルミタージュ美術館

レンブラント「ダナエ」

Img_0483_1 モスクワ

ワシリー寺院

2006年8月17日 (木)

ナスときゅうり

ナス・きゅうり共2本ずつ、接木苗を買ってきて植えた。つい先日まで、我が家の3度の食事には、ナスときゅうりが必ず姿を現したものである。二人きりではとても食べきれず、ご近所の皆さんに助けていただいたこともあったが、この暑さとともに収穫は終わった。ナスは枝を切り詰め、根もスコップで切って秋茄子を採る準備を終える。

2006年8月16日 (水)

帰省

Dscn0448

Dscn0457

孫と遊ぶ

テスト記事

初めての挑戦、うまく行くだろうか?

トップページ | 2006年9月 »