« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

オープン

駅南に話題のスポットが今日オープンした。野次馬としては見過ごすことができず、何はともあれ午後出かけてみた。家族連れを中心に混雑している館内を、1階から3階まで人の流れに沿って1巡し、野次馬は我々だけでないことを確認して帰宅した。

「BiVi藤枝」と名付けられたこの施設は、3階に市立図書館、1・2階はショッピングセンターやフィットネスクラブ、4階には映画館が入っている。ここではアカデミー賞に輝いた「おくりびと」も上映される。

駅を核とした地区は、再開発が進んでいるが、本町など昔の商業地は、過去の町になってしまった。

2009年2月27日 (金)

カレンダー作り2

今日も朝から雨、必然的にパソコンの前に座る時間が長くなった。昨日に続きカレンダー作りを進めた。まだ満足できるプログラムではないが、一応カレンダーが印刷できるようになったので、ファイルを添付しました。

ダウンロードし、使用してみてください。

「calender.xls」をダウンロード

2009年2月26日 (木)

カレンダー作り

過日ある会合で「カレンダー作り」が話題になった。その場では単に話題となっただけで終わってしまったが、家に帰りネットで「カレンダー作り」をキーワードとして検索してみると、ワード・エクセルそれぞれに盛り沢山の「カレンダー作り」がヒットした。

パソコンクラブでも昨年末、例会でカレンダー作りに取り組んでいる。

最近雨が多く畑仕事もできない状態が続くので、”自分流のカレンダーを、自分流の方法で作る”ことに挑戦することにした。

1.文字入力は極力少なく

2.長期間使用することができる

3.前月・当月・来月を表示する

数日来、上記基本条件を満たすプログラム作りを進めている。

2009年2月25日 (水)

「○○中」その4

食事中・授業中・工事中・・・・・など、「○○中」の表現は、「何らかの活動が継続している」ことを表している。また、「人間が主体であるとき」に使われるという共通点を持っている。

「休憩中」の場合は、活動が継続しているとはいえないけれども、人間が主体となっているので普通に使われる。対して、「故障中」の場合は、主体が機械なので誤用とみなされる。

近くにある市立図書館が、建物の耐震工事のため約半年間閉館となった。そのため、家の本棚の本を引っぱり出して読む機会が多くなった。過日、1991年発行の「日本語誤用小辞典」なるものが目にとまり、読み進む中に「故障中」問題があって、ご披露した次第です。

2009年2月24日 (火)

「○○中」その3

「○○中」の「中」は、「ある範囲、限界を区切る」という意味がある。

「午前」の場合は、夜が明けてから12時までと範囲(終点)がはっきりしているので、「午前中」のように使われる。「午後」の場合は、”正午から日没まで”を現す場合や、”正午から夜中の12時まで”を現す場合があるように、「午後」の現す範囲が明確でないため「午後中」のように使うことができない。

以上が宿題の回答です。

2009年2月23日 (月)

見学会

6月4日に開港が決定している静岡空港見学、2013年3月開通を目指して工事が進む新東名の見学、県議会の傍聴、以上3点をセットで行う企画があり参加する。生憎の小雨模様で眺望が悪かったり、期待はずれの部分もあったが、命の洗濯ができた1日であった。

県議会では、質問者・回答者共に用意された原稿を読むだけのもので全く迫力はない。単なるセレモニーといった感じである。何が飛び出すか分からない、はらはらした議論を見たいものである。

新東名は市の北側、山間部で工事が進んでいる。まだ舗装の済んでない路面もあり、照明のない真っ暗なトンネルなどをバスで走って見学した。開通は4年後ということだが、自分の運転で走行できるかどうかはおぼつかない。写真は、新東名安倍川橋下り線。

Dscn3473

2009年2月22日 (日)

「○○中」その2

自動販売機などが故障していて使えないとき、「故障中」と張り紙がしてあることがあるが、ここでは単に「故障」とするのが正しい使い方らしい。したがって、過日の質問、「修理中」など5個の言葉の使い方で、「故障中」が間違った使い方ということである。

また、「午前中」はよく使う言葉であるが、「午後中」とは言わない。何故だろう?

答えは次回。

2009年2月21日 (土)

展示会

公民館活動の一環として、今年も「春の展示会」が開催されている。誕生まもない私達パソコンクラブもささやかに参加している。廊下の一角にテーブルを置き、「パソコンの悩みなんでも相談」の看板の下に、多くのお客さんが来てくれることを期待して待機したものの、お客さんは無く、待ち構えていた会員の意気込みも空振りに終わった。

当地区では、パソコンについて悩みを持つ人はいないのか、PRが足りないのか、次回に備え要因分析が必要かも。

Dscn3458

2009年2月19日 (木)

気温が日毎に上昇、春1番の洗礼を受けながら、庭の花たちも賑やかになってきた。

15日朝撮影

Dsc_0004

Dsc_0008

Dsc_0011

Dsc_0014

Dsc_0018

Dsc_0025

Dsc_0027

2009年2月18日 (水)

○○中

日本語は難しいとか、日本語は乱れているとか、総理でさえ読み違える文字が多いとか、常々賑やかである。

食事中・工事中・故障中・修理中・午前中・・・・・・・

等々、「中」の付く看板をよく見かけるし、普通良く使っている。上記5個の「○○中」のうち、1個は間違った用法だという。

間違っているのはどれ?

2009年2月17日 (火)

混乱

中川財務・金融相が辞任

かんぽの宿、オリックスへの一括売却白紙撤回  どちらも当然のこと。

クリントン国務長官は、国民の信頼を失った麻生総理主催の夕食会に、どんな気持ちで臨むのだろうか?

2009年2月16日 (月)

ネズミ

ネズミに関する話題は、内容がどのようなものであれ見逃すことはできない。

バングラデシュではネズミが異常に繁殖し、食べ物を食べ尽くして一部の村では飢饉に見舞われているという。そこで同国政府はネズミ捕獲作戦を展開し、捕獲のチャンピオンには賞品を贈ることにした。

2008年のネズミ捕りチャンピオンは、昨年1年間に39650匹を捕まえた40歳の男性で、捕まえたネズミのしっぽを集めて証拠として提出し、チャンピオンと認定された。賞品として14インチカラーテレビを貰ったということである。

ネズミ算を地で行けば、どこかに落とし穴が待っていることを、つまり、食糧が不足したり強力な追手が現れたりすることを、ネズミ達は知る必要がある。

2009年2月15日 (日)

血圧測定

定期健康診断でとらは、要検診・要注意の項目が増え、医者から日常の血圧を測った方がよいとのアドバイスがあって、血圧計を買った後比較的真面目に、血圧測定をしている。たまに忘れることもあるようだが、朝夕測定した結果を用紙に記録し、問題になるほどの変化はないと自己判断している。

夕方の測定では、風呂前より風呂から出た後の方が低い傾向がある、といって風呂後に測るようにしたり、また、何かの加減でいつもより高い数値が出たときなどは、測り直しをしたりしている。ただ測定値が低ければよいといった塩梅で、これでは何のための血圧測定か分からない。

低い測定値による安心感が、高血圧の予防に結びつくとすれば、納得できることだが如何なものか?

2009年2月14日 (土)

宇宙交通事故

使用中のアメリカの人工衛星と、すでに機能が停止したロシアの衛星が、高度約800kmのところで衝突、初の宇宙交通事故が発生したという。無限に広い宇宙で、どうしてこのような衝突が起きるのか不思議に思う。正面衝突なのか、追突か、あるいは出会いがしらなのか、その辺の説明はない。もっともこれは日常の交通事故からの発想で、宇宙の交通事故は全く違った形なのかもしれない。

現在、役目を終えたものを含め約3000個の人工衛星が地球を回っていて、他にデブリと呼ばれる宇宙ゴミが、約13000個も衛星と一緒に、時速25000kmの速さで地球を回っているのだそうだ。時速25000kmは、秒速にすると7kmだから大変なスピードである。小さな物体でもこんなスピードで衝突したらひとたまりもない。

それにしても、3000個も衛星が地球を回っているとは知らなかった。

2009年2月13日 (金)

再び13日の金曜日

苦手な冬をどうやら無事に乗り切れそうだと喜んでいたが、今日は体調不良に陥った。自慢はできないが、原因は食べ過ぎかもしれない。夕食をパスして早く寝る予定でいる。

今日は「13日の金曜日」であることに、後で気が付いた。クリスチャンでもないのに、単なる体調不良が13日の金曜日に結びつくのは、50年も前の13日の金曜日に起こしたオートバイ事故のせいである。

さて、頭の体操を目的に、ある期間内で「13日の金曜日」が何回現れるかを計算する表を作った。(下記ファイル)

ダウンロードして、ある期間内(例:誕生以来これまで何回体験したかなど)の回数を計算してみてください。

「092.xls」をダウンロード

2009年2月12日 (木)

10日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価が7888.88ドルを記録した。8が5個も並んだ珍しい値である。8の並んだ平均値が、アメリカでどのように扱われたかは分からない。株価上昇中に記録されたものであれば、大きな拍手が湧き上がるのかも知れないが、当日は382ドルも下がっての記録である。

中国では8という数を大変好むそうだ。中国でこのような平均値が出たとなると、大騒ぎになるのではないかと想像した。何しろ昨年開催された北京オリンピックの開会式は、8月8日8時8分に始まったことからも、8へのこだわりをうかがうことができる。

2009年2月11日 (水)

パンク

愚息が学生のころ使っていた自転車を愛用している。ポンコツに近い自転車で、先日、私が乗り始めてから初めてパンクした。自分で修理することに決め、数日前に取り掛かり、何度もトラブルに見舞われながら、昨日ようやく完成した。今朝点検したらちゃんと空気が入っていたから合格である。

愚息が自転車と一緒に残して行った、パンク修理用の部品は全て使い果たし、それでも足りなくてホームセンターまで買いに走り、ようやくの修理作業であった。

結果的には自転車屋さんに持って行った方が安上がりだったかも知れない。しかし、パンク修理の技術を磨くことができた。いつでもお安く修理引き受けます。

2009年2月10日 (火)

西の方から黒い雲が拡がり、出かける間際には雨が降り出した。しかし、折角その気になっていたので、傘を持っていつもの時間にウオークに出かけた。強くなったり弱くなったり、思わせぶりの雨であったが、結局は最短のコースを巡って帰宅するまで降り続き、濡れたズボンをはき替えた頃には止んだ。

途中休憩小屋などには、雨宿りをしているウオーカーの姿があった。黒い雲の拡がる前の、ずっと早い時間に家を出られ人達だろう。

全く意地悪な雨としか言いようのない雨であったが、ときには陽が差したりして、虹をプレゼントしてくれた。

オーストラリアの山火事は依然衰えを見せず、犠牲者の数は170人を超えたという。ウオーク中に降った程度の雨であれ現地に降れば、消火作業も進むことだろうなどと思ったりした。

2009年2月 9日 (月)

悪口コンテスト

東海道島田宿には、江戸時代「悪口稲荷」というのがあり、その賽銭箱には役人の不正や噂話を書いた紙を投げ込む風習があったという。そのような伝統にちなんで島田市が、「愛するあなたへの悪口コンテスト」作品を募集した。

今回はその第5回目で、3955作品の応募があり、最近大賞が発表された。第1回から第5回まで各回の大賞は、次のような作品である。

1.冷たくなったあなたの心 寝ている間に取り出して そーっとレンジでチンしたい

2.私の夢のサスペンス あなたは何度も死んでいる

3.寝言ではかなりの亭主関白らしい

4.無駄だとは言わぬ美容師 言う鏡

5.あなたって 便座みたいにあたたかい

2009年2月 8日 (日)

くまさん

パソコンクラブの例会は、公民館を会場に、毎月第2・第4日曜日に開催される。特に第2日曜日は、パソコン相談サロンを開いている。パソコンについて困ったことがあれば何でもご相談くださいという訳であるが、残念ながら今日も相談者は一人もなかった。宣伝不足のせいだと思っている。

サロンとは別に、毎回テーマを決め学習会を開いていて、今日のテーマは「くまさんを描こう」である。ワードの図形描画を使って、下記ファイルの「くまさん」を描こうとの試みであった。完成には程遠く、顔が出来上がったところで修了時間となってしまった。行きつ戻りつ賑やかな2時間であった。

「kuma.doc」をダウンロード

2009年2月 7日 (土)

衰え

麻生首相の漢字の読み違いから、漢字に関する話題が多い。今朝の新聞にも漢字に関するアンケートがあった。

「自分の漢字力に衰えを感じますか」? という質問に対し、10760人の回答者のうち85%の人が「はい」と回答している。日頃、私もいたずら書きなどをしていて漢字を思い出せず、立ち往生することがしばしばあり、こんな筈ではなかったと嘆いていたが、多くの人が同じ思いをしていることを知って安心した。

「はい、衰えを感じます」と答えた人の多くは、簡単な漢字さえ書けない時や、手書きで文章を書くときに衰えを感じると答えている。また、「いいえ」と答えた15%の人のうち、多くの人が熱心に本や新聞を読む努力をしていると答えている。

本を読み辞書に親しむ努力が、衰えを・・・・・・・。分かっています。

2009年2月 6日 (金)

かんぽの宿

かんぽの宿が毎日マスコミを賑わせている。

これまで何度かかんぽの宿を利用してきた。長野県に単身赴任していた頃、諏訪湖を見下ろす丘の上にあるかんぽの宿に出かけた。少し風邪気味の、雪の舞う日で、翌日から風邪が悪化し大変な目にあった記憶がある。昨年の5月には、焼津のかんぽに1泊したが、多分1万円より高かったように記憶する。

郵政民営化により、これらかんぽの宿が売却されることになり、その売却価格・時期・売却先・方法などが問題になっているのだ。先に、1万円で売却した物件が6000万円で転売された例があり、今回は、取得価格の合計が約2400億円のものを、109億円で売却する契約を締結したというのである。

この売却の認可を拒否した総務大臣に拍手を送りたい。

 泊まるより買う方が安いへんな宿

2009年2月 5日 (木)

春霞

寒がりのため冬の間ウオーキングを継続できるかどうか、危ぶまれたが何とか乗り切ることができた。コースの途中で顔を出す富士山も、今日は春霞で全く見えなかった。これからはこんな日が多くなることだろう。

ラジオ体操が終わった後、いつも2杯目の朝茶を飲むことにしている。これまでは急須にお湯を注ぐとき、蛍光灯をつけなければならなかったが、今朝はもう窓から射し込む外の明かりで蛍光灯は必要なくなった。夜明けが早くなったことを実感した朝である。

野菜畑では、雑草がわがもの顔だ。早く処置しなければと焦っているものの、体の方は冬眠状態で中々進まない。

2009年2月 3日 (火)

図書館

ねずみととらの家は、市立図書館のすぐ近くにある。電話などで家の位置を相手に知らせるには、こうした目標があると大変助かる。言うまでもなく読書の上でも恵まれた環境にあるのだが、その割には読書の時間が少ないと思っている。

この図書館が2月から6月まで、建物の耐震化工事のため休館となる。耐震化工事だけではなく、内部の改装も行われるようなので、どんな図書館に変身するか楽しみである。

休館中は、少し離れた公民館を利用して本を借りることになり、これまで以上に足が遠のきそうだが、7月再開後は折角の環境を大事に、読書を増やしたいと考えている。

2009年2月 2日 (月)

浅間山

浅間山の噴火が報じられている。小規模の噴火であるが噴煙は2000mに達し、火山灰が君津市・横浜市・川崎市などにも降ったという。

桜島でも昨日から今日にかけ、爆発的噴火が8回発生したと気象庁が警報を出している。

日本列島地下ではマグマが動き出し、大きな地震があるのではないかなどと想像すると、背筋が寒くなる。地上でも、政治や不景気に対し国民の不満が地下のマグマ以上に溜まって、爆発寸前といった様子である。

噴火のニュースで浅間に登った時のことを思い出す。1995年の夏だったと思う。当時も浅間は登山禁止で、正しくは西隣にある黒斑山に登り浅間の噴煙を眺めてきたのである。更に付け加えると、黒斑の山頂はガスで何も見えず、下山途中でようやくガスが晴れ、浅間が顔を出してくれたと記憶する。事件のあった浅間山荘が無残な姿をさらしていた。

2009年2月 1日 (日)

111歳

大スター上原謙は、71歳のとき(1980年)子供をもうけ、当時大変話題となった。ちなみに、奥さんは38歳年下の歌手大林雅美である。

ニュージーランドの博物館で飼育されている「ムカシトカゲ」のペアーが、12個の卵を産み、その内の11個の卵から赤ちゃんが誕生した。父親のヘンリーは111歳、母親のミルドレッドは80歳だという。上原謙はヘンリーから見ればまだ子供にしか見えないかも知れない。

ムカシトカゲの寿命については、まだ科学的なデータはないが、大人になるのに70年かかり、150年~250年は生きるとの説もあるそうだ。

このようなニュースを知れば、私もトカゲになりたいと思う人が多いのではなかろうか。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »