« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

うだる

猛暑が続き体を動かそうという気力が削がれてしまった。それでも午前中、所要があり文化センターまで自転車で出かける。帰宅後はもう何もする気になれず漫然と過ごした。野球にしろサカーにしろゴルフにしろ、プロの選手はこの暑さをどうやって乗り切るのだろうか?

イチローがようやく本来の動きを取り戻し、打率を2割7分5輪に上げ、先頭打者ホームランも記録した。前半81試合を終えて92安打まで到達したけれども、200本安打を達成するには少々厳しい感じがする。

朝から花火の音がうるさい。今日は飽波神社の「茅の輪くぐり」であった。

P6300203

2011年6月28日 (火)

完了検査

地震で崩れた家の下敷きにはなりたくないとの思いで、家の耐震工事を決断してから大分経過した。工事は既に完了していて、今日ようやく市役所係員による工事完了検査が行われた。計画書通り工事は完了しているので、7月末までには補助金が支給される見込みである。

一応これで夜も安心して眠れるけれども、弱いと診断されている地盤の補強までは、とても手がまわらなかった。液状化が起きれば家は傾くかもしれない。何しろ想定外の事象が頻発する昨今であり、限界が見えないのだからどこかで妥協する他にない。

2011年6月27日 (月)

エアコン

寝苦しい夜、去年の猛暑を思い出している。去年は猛暑に耐えかね、また、エコポイントに乗せられて、エアコンを買った。しかし品不足が続き、実際に取り付けが終了したのは、秋風がそよぎ始めた9月25日であった。

今年も梅雨のさなか気温が上がり猛暑日を記録している。エアコンの出番となったけれども、東日本大震災による電力不足から、節電モードとなり、エアコンのスイッチを入れるにも気が引ける。

月々の電力消費を、去年より減らす運動が展開されているけれども、新たに設置したエアコンを今年から使い始めるのだから、電力使用料の削減は不可能だ。それでも諦めず精一杯の努力をしよう。

2011年6月26日 (日)

国内世界遺産

新たに、小笠原諸島・平泉が世界遺産に指定され、国内の世界遺産は16ヶ所となった。多くは既に訪れたいるものの、屋久島・石見銀山・小笠原など、まだ訪れたことのないところもある。1年に1ヶ所を目標に観光計画を立て訪れたいと思う。

早速小笠原に行きたいと思うけれども、とらは船酔いを心配して余り乗り気ではない。また、とらはウオーキングの仲間とともに、屋久島・紀伊山地・平泉などを既に歩いているから、それらは後回しになる可能性が強い。

過日、世界記憶遺産に決まった山本作兵衛(1892~1984)作の炭鉱画にも興味がある。600点に及ぶ作兵衛の絵には、厳しい炭鉱の坑内作業の様子や、日常の風景、失われた炭鉱文化などが閉じ込められているそうだ。

2011年6月24日 (金)

パウル

パウル。昨年、サッカーW杯南アフリカ大会で、ドイツ代表の試合や決勝の結果を的中させ、世界的な人気者となった後、老衰で死んだ。ドイツで今月開催するサッカー女子W杯についても、2代目のパウロを捜す試みが行われているという。8ヶ所の水族館から1匹ずつ選ばれた8匹の中から、予選の試合を利用したコンテストで、2代目パウロが決まる。

2代目も試合結果を的中させれば、タコの能力は1段と注目されるだろう。

猛暑の中、予定通りジャガイモを掘る。40kgの収穫があった。これまでにない豊作である。しかし、残念なことに約6kgは食べられない欠陥品である。この欠陥品は、表面にぶつぶつがある、長く煮ても柔らかくならない、中が少し黒い、虫に食べられた痕跡がある、直ぐに腐る、・・・・・などが特徴。原因は不明だが、来年は何としても不良品を出さないようにしたい。

2011年6月23日 (木)

収獲

昨日・今日と晴天が続いたのでラッキョウを収穫する。根と茎を切りよく洗ってから軽量したら3.3kgであった。去年のほぼ倍の収量であった。増えた要因は、育ちがよく粒が大きかったこと。

早速甘酢漬けにした。2人で1年間食べるに十分なラッキョウ漬ができるはず。どんな味に仕上がるかは後々のお楽しみ。

明日はいよいよジャガイモを収穫予定。キュウリ・ナス・シシトウ・トマトなども収穫できるようになり、食卓が賑やかになった。残念ながらタマネギは今年も失敗であった。

2011年6月22日 (水)

ストラディバリウス

マリリンモンローのドレスに続いて、ストラディバリウスのバイオリンがオークションに掛けられ、彼が作ったバイオリンとしては、過去に記録した価格の4倍で落札されたという。

「日本音楽財団」がオークションに出したこの名器は、「レディー・ブラント」と呼ばれ、1721年に作られたもので、かつてイギリスの詩人バイロンの孫娘が所有していた。落札価格は980万8000ポンド(約12億7500万円)で、収益は全額東日本大震災の被災地支援に充てられるそうだ。

アントニオ・ストラディバリウス(1644~1737)は、イタリアのクレモナに工房をもち、約1200挺のバイオリンを作ったといわれ、うち約600挺の存在が確認されているという。

この3月まで、毎週土曜日の朝、「クラッシックでお茶を」というラジオ番組があった。バイオリニストの千住真理子さんのトークで、クラッシックの名曲のポイントとなっている部分を、エピソードとともに聴くことができ、楽しみにしていた。千住さんが所有しているのも「デュランティ」と名のついた1716年製という。

2011年6月21日 (火)

安心安全

北京駐在女性記者の報告を読む。 記者が広東省深圳のホテルに宿泊した折、化粧ポーチを部屋に置き忘れた。そのポーチが、客室係の好意で、中身もそっくりそのまま手元に戻ってきた。とてもうれしくて、当の客室係に「届きました。謝謝」とメールを入れた。直ぐに次のような返事が来た。「多くの落とし物を送ったが、お礼が返ってきたのは初めて。日本人は本当に礼儀正しい。感激した。」 感激したのは私の方と記者は結んでいる。中国ではこのような事例は少ないのだろう。

ツアーに参加し海外旅行に出ると、貴重品の管理について、毎日添乗員から注意を促される。海外では、日本のように「安心安全」ではないというわけだ。外国人には驚異と映る日本の「安全安心」も、最近は大いに怪しい。最も大切にしなければならない日本の文化だと思うが。

2011年6月20日 (月)

オークション

460万ドル(約7億3000万円)、映画「7年目の浮気」で、主演のマリリンモンローが着たドレスの落札価格である。1着の白いドレスを、これほどの高額で買ったのはどこの誰なのか?

「7年目の浮気」は、1955年の作品。ビリー・ワイルダー監督、モンローの相手を演じた俳優は、トム・イーウェル。ニューヨークの出版社に勤める中年男性と、同じアパートの階上に住む若いブロンドの美女の物語。地下鉄の通気口から吹き出す風で、白いスカートが舞い上がるシーンが、映画史上に残る有名なシーンとなった。

モンロー(1926~1962)は、モンローウオーク、ジョー・ディマジオやアーサー・ミラーとの結婚、ケネディ兄弟との情事など、多くの話題を残し創世した。

2011年6月19日 (日)

数独

今日は父の日、デパートの売り上げも少しは増えたことだろう。ねずみととらの家のカレンダーには、父の日などの記載は全くないし、例年無関係のまま過ぎてしまう。今年は少し様子が違い、愚息から「数独」問題集のプレゼントがあった。

「超難問」とうたってあるだけになかなか難しい問題が続く。それでもようやく43問まで進んだ。しかも次第に難しくなってきたので、最後まで解けるか心もとない。雨の日、持て余す時間をつぶすにはもってこいだ。

2011年6月18日 (土)

ラジオ

ラジオに関するアンケート調査によると、日頃全くラジオを聞いていない人は33%であった。反対に、67%の人が聴いていることになる。公園を歩いている人の中にも、ラジオを聞きながら歩いている人が多いし、野菜作りの仲間でも、いつもラジオを持参する人がいることからも、ラジオ愛好家が多いことがわかる。

東北大震災の情報を知る手段として、ラジオが大変役立ったことから、新たにラジオを買った人も多いのではなかろうか。我が家では、朝5時半にセットしてあるラジオが目覚しとなっていて、ラジオ体操・朝食・歯磨きなどはラジオを聞きながら進む。

夜7時のニュースも以前はラジオで聞いていたけれども、この頃はテレビを見るようになった。とにかくラジオは「ながら」利くので便利だし、テレビに比べ省エネであることも確かだ。

2011年6月16日 (木)

1万歩

白内障の手術をして1年が経過したので、主治医の検診を受けた。幸い結果は良好で、今後定期的な検診は不要と診断された。今回は瞳孔を開いて検査をするため、車の運転をしないよう注意があり、また、予約した時間が遅かったので、病院まで歩くことにした。帰りも結局バスを待たずに歩いて帰ったから、往復8km弱の距離を歩いたことになる。歩幅を75cmとすれば約1万歩で、片道約40分ほどであった。

健康のために、1日1万歩といわれる。つまり、今日歩いたほどの距離を毎日歩きなさいということだが、これはなかなか厳しい。帰りの道すがら、誰か知った顔の車が通らないかなあーなどと、不埒な思いが頭を持ち上げたことも事実である。しかし、今日は健康・省エネ両面で効果があったのも確かだ。

2011年6月15日 (水)

健康診断

春の定期健康診断を受ける。結果は、ごく自然に老化が進んでいるというとこではなかろうか。とらは血圧が平常値であったといって喜んでいた。

例年、保健センターの玄関が開く前に出かけ、長い行列を作って待つのが常であったので、今日は受付締め切り時間直前を狙って出かけた。自分の健康を守るための受診とはいえ、長く待たされると受診するのが嫌になる。到着すると受付に行列はなく、その後の各種検査も比較的順調に進んだ。狙いが良かったのか、あるいは、今日の受診者の数が少なかったのか、保健センターの工夫や努力が功を奏したのか。

それほど長い受診時間ではなかったけれども、途中で体に変調を覚えた。変調の原因はどうやら冷房のせいと自己診断する。昨日、ウメの収穫や庭木の剪定を行い、腕を伸ばしたり体をひねったり、普段使わない筋肉を使ったせいで肩こりがひどい。それも原因かもしれない。

2011年6月14日 (火)

梅雨の合間

宇宙飛行士の古川さんが、つい先日から長期滞在を始めたISSが、日本をほぼ縦断するように、九州・能登半島・秋田の上空を飛び、天気が良ければ、日本全国どこからでも見ることができると話題になっていた。日本列島を斜めに横断するように飛ぶことが多く、縦断するのは珍しい。残念なことに藤枝は雲が多く見ることができなかった。

とらは、「蓮の実」というグループに参加し、ボランティア活動をしている。メンバーの人たちに、花の苗を届けたいというので、準備をした。と同時に、ウメを収穫し、ウメ・カキ・カエデの木を剪定、花壇の整理を行い忙しい1日であった。お陰で午前午後とも間食を全くせず過ごした。こんな日も珍しい。

今年も芝生にネジバナが咲き、鉢植えのクレマチスも白い花をつけた。

P61301801

P6130177

2011年6月13日 (月)

スーパーおばあちゃん

元気なおばあちゃんが、いろいろな場面に登場し元気を振りまくので、もう、そうした場面は珍しくなくなったけれども、札幌市で行われた日本マスターズ水泳短水路大会の女子400mメドレーリレーで、合計年齢322歳(平均80.5歳)のチームが、世界新記録を樹立し、スーパーおばあちゃんぶりを発揮した。

記録は、10分01秒03。 アメリカのチームが持つこれまでの世界記録、10分41秒18を40秒以上短縮した。中でも、平泳ぎの福岡さんは、88歳だそうだ。今更水泳を始める気にはなれないが、せいぜいウオーキングに精を出して、足腰を鍛えなければとの思いを新たにした。

ちなみに、短水路女子400m個人メドレーの日本記録は、4分29秒77だそうだ。

2011年6月12日 (日)

サッカーの町藤枝

ユーラシア旅行社の海外ツアーに参加すると、参加者全員の前で簡単な自己紹介が、昼・夕食時などの席を利用して行われる。過日参加したインド旅行でも実施され、私の住まいは「サッカーの町藤枝」と紹介した。しかし、藤枝に住んで30余年になるけれども、不勉強のため、「サッカーの町藤枝」の輝かしい歴史を知らないままでいた。

今日、公民館から持ち帰った「藤枝生活ガイドブック」2011年版に、「藤枝はなぜサッカーが有名?」という1文があり、概要次のような歴史が記されていた。

藤枝サッカーの歴史は、1924年、県立志太中学(現藤枝東高校)の初代校長錦織兵三郎氏が、サッカーを校技として取り入れたことに始まる。1964年には、全国に先駆けてスポーツ少年団が結成され、1967年には東校が、総体・国体・選手権の3冠に輝き、以降、全国や世界を舞台にして活躍する選手や指導者が多数輩出し、現在の競技登録人口は、65チーム・2650人余に達している。

これからの自己紹介では、もっと堂々とサッカーの町藤枝を紹介できそうだ。もっとも、旅行は当分行けそうにない。

2011年6月11日 (土)

梼原町

「自然エネルギーで町づくり」を進めて、国の「環境モデル都市」に選ばれた、高知県梼原(ゆすはら)町に関する記事を読む。初めて知った地名であるが、四万十川の源流に位置する人口約4000人の町だ。

梼原町は1999年、標高1300mの台地に、風力発電2基を設置したのを出発点として、自然エネルギーの開発に取り組み、町の90%以上を占める森林との共生、四万十川源流の流れを利用した水力発電3基の建設、町立施設のすべてに太陽光発電の設置などを進めてきた。現在では100戸以上の住宅に太陽光発電が設置されている。

町の人たちの環境意識も非常に高く、道路にゴミは落ちていないし、自分の健康は自分で守る予防医療を進めた結果、町立病院の経営も黒字を続け、町の財政は県内トップの健全性と安定性を誇っているという。

これらの政策は、1999年町長に就任した中越氏によって推進されたものであるが、氏は3期務めたあと惜しまれつつ自ら退いた。1年も持たずに沈没する総理とは大きな違いだ。藤枝市も多くを見習ってほしいと思う。

2011年6月10日 (金)

iPad 2

日本が経済成長を達成する以前、多くの人びとが血を売って生活費に充てたという話題を度々聞いた覚えがある。

最近中国では、人工授精用の精子を提供して得られた報酬で、携帯電話などを買う大学生がいると報じられた。これなどは血を売る話のように悲壮感はなく、人工授精を希望する女性がいる限り、喜ばれる行為だ。

過日、中国の高校1年生が iPad 2を買うため、自分の腎臓を両親に内緒で売ったことがテレビに流れ、話題を提供している。当の高校生は、どうしても iPad 2が欲しかったけれどもお金がなく、インターネットで腎臓が2万元で売れることを知って申込み、3日間入院して左側の腎臓を摘出、2万2千元を受け取り、iPad 2を買ったということである。

日本でも iPad 2の人気は高いようだ。

2011年6月 8日 (水)

円高

1.5月上中旬の貿易統計速報値では、1兆円を超える赤字となった。

2.財務省が発表した4月の国際収支は、前年同月比70%減少し、4056億円の黒字にとどまった。

3.8日の東京外国為替市場の円相場は、$売り¥買いが進み、一時79円台となった。

今日の夕刊には、これら三つの経済記事が並んでいる。日本は世界1の借金国である上に、災害復興資金がどれほどになるのか目処さえ立たず、借金は膨らむ一方である。アメリカの格付け会社は、日本国債の格付けの引き下げを示唆している。なのにどうして円高が進むのだろう。なんとも不思議な気がする。

2011年6月 7日 (火)

ハナショウブ

移り行く季節に合わせ、公園に咲く花々は、重くなりがちなウオーキングの足を励ましてくれる。丁度今、ハナショウブが見頃となってきた。数名のカメラマンが力作を狙ってカメラを構えていた。

P60700981

P60700971

P60701011

スイレンも咲いている

P6070107

P6070114

P60701081

P60701191

P60701221

P6070115

P6070111

2011年6月 6日 (月)

イチロー

マリナーズ、イチローのバットから最近快音が聞かれず、3試合連続の無安打で、打率が2割6分1厘まで下がってしまった。11年連続200本安打の新記録を、是非達成して欲しいと願っているので、「イチローどうした」と声援している。

多くの人のそんな声援が届いたようで、今日の夕刊には、「イチロー2打点」の見出しの記事がありホッとした。レイズ戦で2安打を放ち2打点、チームも9:6で勝った。この2安打をきっかけに、早く3割に戻してほしいと思う。

レッドソックスの松坂は、痛めていた右ひじの手術を受けることになった。「野球人生最大のピンチ」と新聞は伝えている。

日本のプロ野球は交流戦の後半に入った。去年はパ・リーグのチームが上位を独占し、パの力量を見せつけた。今年は中日が、ようやく面目を保っているけれども、最後まで保てるかどうか?

2011年6月 5日 (日)

大統領選

ペルーでは明日、大統領選の決選投票が行われる。過日行われた大統領選挙で、50%以上の得票を得た候補がおらず、上位2人の決選投票となった。候補の1人ケイコ・フジモリさんは、日系人ということで親しみがわき、当選して欲しいという気持ちになる。

民間調査会社の世論調査によると、A社の調査ではケイコ氏が51.1%とリード、C社の調査では他方の候補ウマラ氏が50.5%とリードしている。何れにしても大変な接戦となっている。

ケイコ氏は36歳の若さ、過日の騒動で菅総理が辞任表明にあたり、次世代にバトンタッチしたいと述べたが、日本の政界では考えられない若さと、女性の活躍である。女性と若さが万全であるとは思わないけれども、とにかく3年ぐらいは長持ちする総理大臣が欲しい。

2011年6月 3日 (金)

ホタル

朝のラジオ番組、「ラジオあさ1番」を聞いていると、この頃はホタルに関する話題が多い。市の公園にも、ホタルが飛んでいますという看板が出た。そんな看板につられ、今日は夕食後にウオークに出かけ、兼ホタル観賞をすることにした。

余り期待はしてなかったけれども、予想以上のホタルが飛んでいて、久しぶりに童心に返った。観賞に訪れた家族連も多く、どちらかといえばホタルよりも人の数の方が多かったかもしれない。

2011年6月 1日 (水)

コインランドリー

今日、初めてコインランドリーなるものを利用した。

ずっと以前から、冬の間使ってきた毛布が大分古くなったので、廃棄したらという案も出たが、津波で多くのものを失った被災者の方のことを思うと、「もったいない」との気持ちが強くなり、洗濯して来年も使うことになった。家の洗濯機では無理があり、コインランドリーの利用となった。

説明書を見ながらボタンを押したりコインを投入したり、約30分で終了した。600円也。乾燥は家ですることにし、持ち帰って2階の空き室に干したが、独特に匂いが残っている。多分洗剤の匂いだろう。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »