« 客殺し | トップページ | やけ酒 »

2012年3月19日 (月)

消しゴム

筆記用具がボールペン主体となって以来、消しゴムの出番は極端に減ったように思う。我が家でも、消しゴムの存在は殆んど忘れられていたけれど、最近急に復活した。昨年、認知症予防のために使ってと、愚息が「難解数独 100問」を買ってきた。嫌いではないのでコツコツと取り組み、10月16日に100問までめでたく終了した。そしてこのほど鉛筆書きの解答を消しゴムで消し、再挑戦を始めたのである。

新しい消しゴムがチビになったし、2回目の挑戦も1回目とほとんど変わらない思考が必要なこともわかった。

数独に向かい合っているときは、とらの呼びかけにもいい加減な返事しかしないので、とらの受けは良くない。どちらかといえばとらが図書館から借りて来る本は、流行作家の小説である。従って受けが良くないのも当然の成り行きといえる。

« 客殺し | トップページ | やけ酒 »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消しゴム:

« 客殺し | トップページ | やけ酒 »