« 2年生のかけ算 | トップページ | 情報収集衛星 »

2013年1月27日 (日)

しもつかれ

古い新聞のスクラップを整理していたら、1992年1月27日の切り抜きが出てきた。丁度21年前の新聞で、この日は月曜日、長野県に単身赴任していた当時の新聞である。記事の内容は、私の故郷栃木県の郷土料理である「しもつかれ」に関するもの。記事にある「しもつかれの作り方」を見ながら、作って見ようと思い切り抜いたのか、ただ懐かしくて切り抜いたのか今となってはわからない。

2月の初午(はつうま)の日に作り、赤飯と共に藁苞(わらづと)に入れて、家や村のお稲荷さんに供える。7軒の家の「しもつかれ」を食べると中風にならないと伝えられ、よその家にもよばれに行く風習がある。

栃木では昔からお歳暮に新巻鮭を贈る習わしで、身は正月にかす汁にし、頭は保存しておいて2月にダイコン・ニンジン・節分の余り豆・酒粕などの余り物をたっぷり使って作るのが「しもつかれ」

こんな内容の記事が見える。生臭くて、好んで食べた記憶はない。いまでは「しもつかれ」を作る家は少数派であろう。

« 2年生のかけ算 | トップページ | 情報収集衛星 »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しもつかれ:

« 2年生のかけ算 | トップページ | 情報収集衛星 »