« 犬泥棒 | トップページ | 人生いろいろ »

2013年2月 8日 (金)

芳香のある庭

ねずみの耳は年の割に敏感で、かさこそした音も聴き分けられるけれども、とらは近くにある市の広報スピーカーから「お知らせ」が流れていても、一向に気にする様子もない。一方、ねずみの鼻がすこぶる鈍感なのに対して、とらの鼻は鋭敏である。1日はいていた靴下も、暫くシャンプーをしなかった頭もさして気にならないが、とらは顔をそむける。

そんなとらの意向を組んで、庭にはできるだけ芳香を放つ花木を植えてきたが、うまくいっていない。暇つぶしに図書館で見ていた本に、「芳香植物の庭を作るときの注意点」という項目があるのを見つけメモする。

  • 庭の大きさを考え、植えたい植物を書きだして最初に全体の配置を考える
  • 香が強くなる開花時期を表にしてまとめ、季節ごとに香る植物を配置する
  • 常緑樹と落葉樹を組み合わせて、香が乏しい時期には葉や茎が香るハーブ類も組み合わせる
  • 香だけでなく、庭の色彩を考慮する

上記注意点を考慮しながら、庭に改良を加えて行きたいと思う。

« 犬泥棒 | トップページ | 人生いろいろ »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芳香のある庭:

« 犬泥棒 | トップページ | 人生いろいろ »