« 旅立ちの日に | トップページ | ロシアの夏 »

2013年3月31日 (日)

植木鉢

かつて現役時代、サツキ・ミヤマキリシマ・ギンギアナム・ボケ・山取りの若木など、多くの花木を植木鉢で育てていた。当時は転勤が多く、タンスやテレビなどの家具とともに、鉢を段ボールの箱に入れて持ち運んでいた。今考えるとよくそんなことまでしたものだと思える。退職してからは春に行う植え替えが面倒になったり、枯れてしまったり、庭に直植えしたりしたので、鉢植えはほとんどなくなった。しかし、大小の素焼きの植木鉢だけがたくさん残っている。

鉢はもう使う積りはないので、2年ほど前、前の道路に山積みにして「ご自由にお持ちください」と看板を出しておいた。最近では素焼きの鉢など使う人はないと見えて、10日ほどたってもほとんど減らなかったので、また物置の裏に戻した。

花壇の花を窓越しに見ながら、花を植えて出せば持って行ってくれるのではないかと思いつき、花壇からムスカリの球根を掘り出し、鉢に入れて道路に出した。今度はどうだろう?

« 旅立ちの日に | トップページ | ロシアの夏 »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 植木鉢:

« 旅立ちの日に | トップページ | ロシアの夏 »