« 『ルー・ブルの旅』 2 | トップページ | 『ルー・ブルの旅』 4 »

2013年6月28日 (金)

『ルー・ブルの旅』 3

選択理由

 

旅行に出る場合、目的地をどこにするかはひとそれぞれに理由がある。体力・資金・その他諸々に厳しい条件を抱えている身としては、慎重に旅先を決定しなければならない。今年は2月ごろの早い段階で、北欧4か国を訪れることに決め、5月末に出発するツアーに申し込んでおいた。しかしそのツアーは、参加者が少なくご破算になってしまった。そこで急遽浮上したのが『ルー・ブルの旅』である。

 

というのもずっと以前から、ヨーロッパ大陸の最西端「ロカ岬から東に向かって中国まで、足跡をつなぎたいと考えていた。そして残っていたのがスペインの西ポルトガル、ハンガリーとトルコの間、イランとインドの間の3地点である。ハンガリーとトルコの間にあるのがルーマニア・ブルガリアであり、今回の旅でこの断点がつながったことになろ。

 

もう一つの断点は、パキスタン・アフガニスタンである。パキスタンへのツアーは数年前に計画し、計画は順調に進んだものの実行1週間前になって、洪水により道路(カラコルム・ハイウエー)が通行不能になり実現できなかった。このツアーそのものはもう復活しているけれども、今のところ再度申し込む気はない。従ってこの断点はつながることがないだろう。

« 『ルー・ブルの旅』 2 | トップページ | 『ルー・ブルの旅』 4 »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ルー・ブルの旅』 3:

« 『ルー・ブルの旅』 2 | トップページ | 『ルー・ブルの旅』 4 »