« 大統領職 | トップページ | 北極星 »

2014年1月16日 (木)

湯之奥集落

全国統一という壮大な夢を抱いた戦国武将、武田信玄の軍資金を支えたのは、湯之奥金山から産出された「金」といわれる。この湯之奥金山跡の発掘調査によって出土した道具や資料、当時の様子を再現した資料などが、身延線、下部温泉駅の近くにある。ここでは砂金採りの体験などもできる。下部温泉は、信玄の隠し湯としても知られている。

下部温泉駅から東に約4km、湯之奥金山の中心となっていた「湯之奥集落」がある。昨日、この湯之奥集落を訪ねた。

戦国時代に最盛期を迎えたこの金山は、次第に資源が枯渇し、元禄時代に閉山された。最盛期には金の精錬所から、宮屋敷・寺屋敷・女郎屋敷などもあり、「湯之奥三千軒」と呼ばれる大集落だったという。

この集落の中に、国の重要文化財に指定されている『門西(もんざい)家住宅』がある。門西家は金山や山林を管理し、関守や名主務めた家柄だそうだ。

P1155968001_2

  湯之奥集落の入り口にある案内看板 訪れたのは2時前であったが、人影はほとんど見かけず、1人の老人が日の当たる軒先で鋸の目立てをしていたのを見かけ、門西住宅の隣の家で2人の老婆が何か話をしていた。

P1156000

  午後2時半なのに山の日蔭となっている集落の全景 遠くは雪見岳?

P1155988

  門西家住宅 現在も使用中

P1155971001

  集落を貫く石畳の道

P1155995

  集落の上手にある「願かけ地蔵」 

« 大統領職 | トップページ | 北極星 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯之奥集落:

« 大統領職 | トップページ | 北極星 »