« ネパール 19(ジョムソン 5) | トップページ | インターネット・エクスプローラ »

2014年5月 1日 (木)

ネパール 20(チトワン)

東西に長いネパールの国土、南北の距離は150km~240kmしかない。北部にはヒマラヤ山脈が控え、南部のインド国境付近にはタライ平原が広がる。タライ平原の一角に、1984年、世界遺産に登録された「チトワン国立公園」がある。東西80km、南北23kmに及ぶこの公園は1973年に初の国立公園に指定された。3月8日・9日にこの公園で観光した。

8日午前中はポカラからチトワンまで、約4時間のバスの旅。これまで利用したバスに比べ小型である。国道とはいえチトワンまでの道路は渓谷に沿った狭い道で、大型では無理なためだ。もっとも、荷物を満載した大型トラックなどは走っている。以下、4枚の写真は、チトワンまでに通過した町や村のスナップ。

P3087075

P3087085

P3087097

P3087103

公園に到着し午後はカヌーによる川下り、中々スリルがあった。

P3087132 川下りで乗船したカヌー  下船場に到着し下船しているところ

P3087128 途中ですれ違った空のカヌー  客を降ろし乗船場に向かっている   この舟と同じような舟に 船頭さんを含め15名が乗って下った 定員オーバーではないかと心配だった 船頭さんが竿を使う度に舟が左右に揺れ 転覆するのではないかとはらはらした

下る途中で見かけたワニ・鳥・サル

P3087113

P3087114

P3087115

P3087119

P3087120

旅行案内書は 公園内には43種の哺乳動物、54種の爬虫類と両生類が確認されているとし、更に450種以上の鳥類が生息、渡り鳥も多いと記している

下船した近くにゾウの保護と繁殖を目的に設立された「エレファント・プリーディング・センター」があり 下船してそこを訪れた

P3087163001   簡単な看板

P3087144 ゾウ舎の一角

P3087150 ゾウの親子

P3087154 センターに現れた野生のゾウ  時々現れるらしい 野生のゾウは危険なので遠く離れるよう何度も注意があった

P3087175001 帰途別の地点で現れた野生のサイ  周囲が騒がしくなりサイが出てきたことが解かった

P3087164 エレファントセンターからの帰途渡った橋

« ネパール 19(ジョムソン 5) | トップページ | インターネット・エクスプローラ »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネパール 20(チトワン):

« ネパール 19(ジョムソン 5) | トップページ | インターネット・エクスプローラ »