« 北欧の旅 20 ベルゲン2 | トップページ | 北欧の旅 22 トロムセー~アルタ »

2014年8月14日 (木)

北欧の旅 21 ベルゲン~トロムセー

マレーシア航空機が撃墜されたのは、帰国した後であったけれどショッキングであった。4ヶ国を巡るとなると飛行機を利用することも多い。 ① 成田⇒コペンハーゲン ② コペンハーゲン⇒オスロ ③ ベルゲン⇒オスロ ④ オスロ⇒トロムセー ⑤ ロバニエミ⇒ヘルシンキ ⑥ ストックホルム⇒コペンハーゲン ⑦ コペンハーゲン⇒成田  今回も以上7便を利用している。

10時間以上になる長距離では、通路側の席を極力選び、短時間のフライトであれば窓側のこともある。ベルゲンからオスロに飛んだ際は、窓側に座り窓外の眺めを撮影した。

P6168467 ベルゲンを離陸して間もなく フィヨルドが見える

P6168473 ノルウェーは極端に南北に細長い 飛行機は南端部に近いルートを飛ぶ

P6168475

さて、新たに足を踏み入れたトロムセーは、北緯70度に位置し、人口は約65000人、北極圏内にある最大の都市で北極圏の玄関口となっている。1968年に設立されたトロムセー大学は、世界最北端に位置する大学であったが、現在は更に北のスピッツベルゲン島に設立された、スバルバード大学にその地位を奪われた。また、マックビールの工場は1877年に製造を始め、世界で最も北で作られるビールである。

街の近くに標高421m、「巨岩」の意味を持つストールスタイネン山があり、ロープウエーが通じている。頂上の展望台からはフィヨルドやトロムセーの街並み、美しい島々を見ることができろと案内書には書いてあったが、当日は朝から雨、頂上に近づくと雨が雪に変わり、美しい展望ではなく北極圏の春を体験してきた。平地の気温は7℃でした。

P6178510 雨のトロムセー 何となく暗い感じで人通りも少ない

P6178525 ストールスタイネン山の山頂駅から、雪が小やみになったすきに撮影 観光船などがうっすらと見える

P6178519 山頂のレストラン(上) 遊歩道(下)誰も歩いていない

P6178520

午前中でトロムセーの観光を終え、今度はバスで次の目的地アルタに向かった。














 

« 北欧の旅 20 ベルゲン2 | トップページ | 北欧の旅 22 トロムセー~アルタ »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北欧の旅 21 ベルゲン~トロムセー:

« 北欧の旅 20 ベルゲン2 | トップページ | 北欧の旅 22 トロムセー~アルタ »