« 元気老人 | トップページ | コーヒー »

2014年9月14日 (日)

朝日新聞

「言論の自由の保証が、日本国憲法にもある。人間の歴史がこの自由を獲得するまでに、どれほどの血が流れ、苦闘があったことか。その理念を尊び、死守すべき言論機関として、慰安婦問題をめぐる池上彰さんのコラム掲載を見合わせたのは最悪だった。気に入らない意見や、不都合な批判を排した新聞は、もう新聞ではない。『あなたの意見には賛成しないが、あなたがそれを言う権利は命をかけて守る』。古来の至言が、信頼もろとも紙面上に砕け散った思いがした。(中略)砕け散ったもののかけらを、時間はかかっても拾い集める。そして信頼を一から作り直していく」。昨日の「天声人語」の中の一部である。

朝日のおごりの体質が一気に自己崩壊を招いたように見える。ここで直ぐ他紙に切り替える積りはないが、砕け散ったかけらを拾い集め、信頼を作り直す工程を、解かり易く説明してもらわなければ納得はできない。

« 元気老人 | トップページ | コーヒー »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞:

« 元気老人 | トップページ | コーヒー »