« バグマティ川 | トップページ | 藤まつり »

2015年4月22日 (水)

隠岐国分寺

鳥取県境港からのフェリーは、隠岐の島町の西浦港に着く。西浦港から約5kmのところに隠岐国分寺がある。聖武天皇の詔によって建立された真言宗のお寺で、山号は禅尾山、隠岐第1の国分寺である。1331年、元弘の変で隠岐配流となった後醍醐天皇の行在所跡とされている。2007年2月、出火により本堂が全焼したが昨年再建された。

この寺には、平安時代から伝承されている


「隠岐国分寺蓮華会舞」が残っていて、重要無形民俗文化財に指定され、毎年4月21日に、本堂前に特設された舞台で、奉納公演が行われるという。

元々この舞は多数あったというが、現在は、麦焼舞・眠り仏・獅子舞・貴徳山神・竜王・太平楽・仏舞の7番が残っている。隠岐を訪れた日の夜9時頃から、観光客向けに公演があるというので見に行った。眠気も吹き飛ぶような冷え込みの中、2番の舞を観賞した。昨日21日、現地では奉納公演が行われたはずである。

P4100483001_2

P4100484001 赤い衣装、鬼のような面をかぶって踊っていた

P4100490

P4100493 白い面を付けた2人がゆっくり踊る舞
 









« バグマティ川 | トップページ | 藤まつり »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隠岐国分寺:

« バグマティ川 | トップページ | 藤まつり »