« 久能山 | トップページ | ユーモア »

2015年5月 8日 (金)

隠岐諸島

隠岐諸島は島根半島の北約50kmの日本海にあり、人の住む4つの島と、約180の小島からなっていて、総面積は約350平方km、約23000人が住んでいる。最も大きな中心をなす島を「島後(どうご)」(隠岐の島町)、西ノ島(西ノ島町)・中ノ島(海士町)・知夫里島(知夫村)の3島を合わせて「島前(とうぜん」と呼んでいる。古事記にも「隠岐」の名称が登場し、島の歴史の古さを物語っている。

1963年、島根半島・三瓶山とともに大山隠岐国立公園に指定され、また、2013年には、日本海の孤島が生み出した荘厳な台地と特異な生態系、そして人の営みが織りなす景観をテーマに、「隠岐ジオパーク」に世界ジオパークの認定を獲得した。島後から約160km北西には、韓国と領土権を争う「竹島」がある。

隠岐への交通は、境港などからフェリーが運航し、また、隠岐空港へは出雲空港や伊丹空港と結ばれている。

« 久能山 | トップページ | ユーモア »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隠岐諸島:

« 久能山 | トップページ | ユーモア »