« オーストラリア 14 ジェラルトン | トップページ | 点灯式 »

2015年11月21日 (土)

オーストラリア 15 ピンクレイク

4日目は花街道をジェラルトンからモンキーマイアーまで、花を求め、途中ピンクレイク・カルバリ―国立公園・世界遺産に登録されているストマトライト(シャークベイ)などを観光しながらのドライブであった。案内書によれば、ジェラルトン⇒カルバリ―:160km、カルバリ―⇒シャークベイ:275km、シャークベイ⇒モンキーマイヤ―:70kmとある。単純に合計すれば505kmだが、多分550kmは走ったのではなかろうか。

西オーストラリアには水面がピンクに染まった湖が沢山あり、それらはそれぞれ固有の名前がついているものの、ピンクレイクと総称されている。ジェラルトンから北に約120km、インド洋に隣接したPort Greguryにある湖もその一つである。その日の条件によって見え方も違ってくるということで、どんよりとした曇り空の下ではあまり期待はできなかったが、くすんだピンク色の湖を見ることができた。

高い塩濃度の湖に生息するドゥナリエラと呼ばれる一種の藻が、自信を直射日光から守るために大量のカルテノイド(色素)を作り出すため、水もピンク色に染まるのだそうだ。カルテノイドはは健康によいとされ、西オーストラリアでは世界最大規模でドゥナリエラの栽培が行われているそうだ。

P9051066 曇り空のせいか湖水はくすんだピンクであった

« オーストラリア 14 ジェラルトン | トップページ | 点灯式 »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア 15 ピンクレイク:

« オーストラリア 14 ジェラルトン | トップページ | 点灯式 »