« アメリカ西部国立公園物語 グランド・サークル  | トップページ | アメリカ西部国立公園物語 デッド・ホース・ポイント州立公園 »

2016年7月19日 (火)

アメリカ西部国立公園物語 キャニオンランズ国立公園

グランド・サークルの中で最初に訪れたのが、キャニオンランズ国立公園(Canyonlands NP)。 コロラド州の北部にある、ロッキー・マウンティン国立公園を水源としたコロラド川( Colorado River )は、アメリカ大陸をほぼ南西に流れ、ラスベガス近郊で流れを南に変え、カリホルニア湾に流れ込む。このコロラド川が、合流する多数の支流と共に刻み込んだのが、キャニオンランズやグランドキャニオンなどのとてつもない峡谷であり、Lake Powell や Lake Mead などの人口湖を生んだ。ツアーではこのコロラド川の極1部を、上流部から流れに沿って下流へ、観光したことになる。

003canyonlands

Canyonlands NP の地図です。Canyonlands NP は、1964年に国立公園に指定された。面積は1366㎢、園内での最高標高は2170m、年間入園者数は約47万人。北東から流れ下る Colorado River と、ワイオミング州( Wyoming )に源を持つ、北西から流れ下る Green River が、曲がりくねりながらも地図に見られるとおり、きれいなY字型で合流( conflluence )し、更に Grand Canyon に向かって流れ下る。

Y字型の上部内側に当る北部地域はアイランド イン ザ スカイ(Island In The Sky)と呼ばれ、川の南東部はニードルス(The needles)、南西部はメイズ(The Maze)と呼ばれる。公園内には橋がないため、それぞれの地区まで大型バスで往来するには、公園の外側、橋のあるところまで出て遠回りをしなければならない。従ってツアーでの観光は、アイランド イン ザ スカイだけの、しかもグランド・ビユー・ポイント(Grand View Point Overlook)からの観光となった。パンフレットなどにはよくメサ・アーチ( Mesa arch )の写真が載っている。この近くをバスは走ったはずだがそのまま通過した。

P6053120  公園に近くなると、写真にあるようなテーブル状の大地が現れる。この台地は「メサ」( Mesa 卓状台地ともいう)と呼ばれ、差別浸食によって形成されたもので、更に浸食が進み孤立丘となったものは、「ビュート」( Butte )と呼ばれる。

P6053116 道端にある公園の看板

P6053127 Grand View Point から見た canyonに違いはないけれども、これがコロラド川なのか、あるいはグリーン川なのか、どこが合流点なのか、定かでない。地図で見ると、Grand View Point の標高が1853m、Confluence(合流点)の標高が1175mだから、その標高差は678mある。

« アメリカ西部国立公園物語 グランド・サークル  | トップページ | アメリカ西部国立公園物語 デッド・ホース・ポイント州立公園 »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ西部国立公園物語 キャニオンランズ国立公園:

« アメリカ西部国立公園物語 グランド・サークル  | トップページ | アメリカ西部国立公園物語 デッド・ホース・ポイント州立公園 »