« アメリカ西部国立公園物語 ヨセミテ2 | トップページ | アメリカ西部国立公園物語 グレーシャーポイント »

2016年9月 7日 (水)

アメリカ西部国立公園物語 ヨセミテ3

ヨセミテ公園の観光のポイントは、概ねヨセミテバレー( Yosemite Valley )とその周辺に集中していて、その中心はヨセミテビレッジ( Yosemite village )である。ビレッジにはビジターセンター・マーケット・郵便局などの施設がそろっていて、バレー内を循環する無料シャトルバスの起点となっている。

私たちは早めにホテルを出発してビジターセンターに向かい、そこから先はシャトルバスなどを利用して公園内を観光した。ヨセミテの空はどんよりとした曇空で、いつ降りだしてもおかしくない状況の中、防寒対策をした装いと、傘や雨合羽、それにレストランで作ってもらった弁当を持参して、グレーシゃーポイント( Glacier Point )に向かうバスに乗り込んだ。観光客が増加したため、現在グレーシャーポイントにはこの専用ツアーバスでしか行けない。ドライバーのジャックさんが、片道約1時間半をかけて運転しながら周囲の説明をしてくれた。残念ながら英語での説明だったので、理解できた部分は少なかった。

P6134059 いつものバスでヨセミテビレッジに向かう途中、ヨセミテバレーの主役たちが見え始めた

P6134065 マセード川( Merced River )の向こうにエル・キャピタン( EL Capitan )の巨岩(2307m)が現れる

P6134070 樹間に姿を現した上・下のヨセミテ滝( Upper Yosemite Fall ・Lower Yosemite Fall ) 雪融けが始まり水量が多い

アメリカ最大の落差を誇る滝で、落差はアッパー滝:436m、カスケード:206m、ロウアー滝:97m、計739mは世界第8番目の落差である。滝の上部まで登るトレイルもあるそうだ。

P6134076 ヨセミテバレーロッジ

P6134081 近くで見るエルキャピタン(標高2307m)。花崗岩としては世界最大の一枚岩。谷底から1095mの高さに垂直にそびえ、ロッククライマーのあこがれの的になっている。クライマーの最高齢記録は、10日間かけて登った81歳の男性だそうだ。この日も赤いシャッツを着た人が登っているのが見える、と言っていたが私には見えなかった。 

P6134085 バレービュー( Valley View )からの絶景

エルキャピタンとブライダルベール滝( Bridalveil Fall )、奥にはカセドラルピーク( Cathedral Peak 3335m)がそびえる。

« アメリカ西部国立公園物語 ヨセミテ2 | トップページ | アメリカ西部国立公園物語 グレーシャーポイント »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ西部国立公園物語 ヨセミテ3:

« アメリカ西部国立公園物語 ヨセミテ2 | トップページ | アメリカ西部国立公園物語 グレーシャーポイント »