« アメリカ西部国立公園物語 最終の宵 | トップページ | アメリカ西部国立公園物語  »

2016年9月17日 (土)

アメリカ西部国立公園物語 帰国

帰国は6月14日(火)、シアトル()発12:50分、DL167便で、予定より少し早く15日14:40分に成田に着いた。成田から藤枝までの電車の中では、乗り越してしまうのを心配しながら、ずっと眠り通していた。

サンフランシスコからシアトルに向かうDL5736便は、8:55分出発のためホテルは6時半に出た。予想された通り、空港の出国手続きの窓口は長蛇の列で、ようやく予定時間内に手続きを終え、機内に乗り込んだ。バスがホテルを出て走り出した後、乗客の1人が現地で買った土産物を、ホテルのトイレに置き忘れたことに気が付いた。しかし時間がないことを理由にバスはそのまま空港に向かった。気の毒に思ったけれども、空港の混雑を見ると、やむを得ない判断であったようにも思う。

シアトルでの乗り継ぎ時間は、約1時間40分であった。ここでは比較的スムースに事が運んで、多少余裕をもって飛行機に乗り込むことができた。アメリカ入国時、ミネアポリス空港では9時間近い乗り継ぎ時間があった。しかも利用する予定の機体の到着が2時間近く遅れたため、11時間にもなった。もっともこの間を利用して、当初からミネアポリス市内の観光が組まれていて、全部が無駄な時間ではなかったけれども、機体の遅れによる2時間は、旅の出鼻をくじかれた感じであった。

« アメリカ西部国立公園物語 最終の宵 | トップページ | アメリカ西部国立公園物語  »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ西部国立公園物語 帰国:

« アメリカ西部国立公園物語 最終の宵 | トップページ | アメリカ西部国立公園物語  »