« アメリカ西部国立公園物語 ヨセミテ3 | トップページ | アメリカ西部国立公園物語 ミラーレイク »

2016年9月 8日 (木)

アメリカ西部国立公園物語 グレーシャーポイント

ヨセミテバレーの南側にある絶壁の頂上、自然が造った標高2199mのパノラマ展望台が、グレーシャーポイント( Glacier Point )である。バレーからバスが出ていて、途中写真ストップなどの時間も含め、所要時間は約1時間30分である。バレーからはまたフォーマイルトレール( Four Mill Trall )と呼ばれる、約6.5kmのトレールもあり、ひたすらスイッチバックを繰り返しながら登るトレールで、3~4時間かかる。

正面(東の方向)にハーフドーム( Half Dome )が迫り、右手にマーセド川( Merced River )が伸びて水量豊かなネバダ滝( Nevada Fall )が見える。またここは夕焼けのスポットとしても人気があり、闇に沈む前のほんの一瞬、ハーフドームの頂だけに紅がさす光景は独特なものがあり、また満月の夜などには花崗岩に映える不思議な光景を見ることができるという。残念ながら私たちには、そのような光景を見る時間の余裕はなかった。

03yos3 ヨセミテバレーの地図を再掲

以下の写真はいずれもグレーシャー ポイントで撮影したもの

P6134092 グレーシャー ポイントからほぼ東の方向を撮影。 左手にハーフ ドーム(標高2693m)、その左に伸びる谷はテナヤ クリーク( Tenaya Creek )。右手に見える奥の滝は、マーセド川のネバダ滝( Nevada Fall 標高1801m 落差181m)で、手前はバーナル滝( Vernal Fall 標高1538m 落差97m)。ネバダ滝のすぐ左手のピークはリバティ キャップ( Liberty Cap 標高2157m)である。 なお、ハーフ ドームは、丸いドームを縦半分に切り落としたような岸壁の岩で、谷から頂上までの高さは1443mある。このあと午後、雨の中を見に行ったミラー レイク( Mirror Lake )は、ハーフ ドームの左下にある。 

P6134100

P6134107 マーセド川がネバダ滝から先左奥に伸びている。後方に広がるのはシエラネバダ山脈。

P6134103 タナヤ クリークやヨセミテ バレーを悠然と見下しているハーフドーム

P6134117 岩に乗り恐る恐るヨセミテバレーを真下に見下ろす

« アメリカ西部国立公園物語 ヨセミテ3 | トップページ | アメリカ西部国立公園物語 ミラーレイク »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ西部国立公園物語 グレーシャーポイント:

« アメリカ西部国立公園物語 ヨセミテ3 | トップページ | アメリカ西部国立公園物語 ミラーレイク »