« アメリカ西部国立公園物語 モノレイク | トップページ | アメリカ西部国立公園物語 ヨセミテ2 »

2016年9月 1日 (木)

アメリカ西部国立公園物語 ヨセミテ

ヨセミテ国立公園( Yosemite NP )に入るゲートで、国立公園局が発行する10枚目の地図を手にした。ヨセミテは日本人の観光客も多いと見え、日本語版もある。ヨセミテは面積が広いため、地図は3分割して下記に掲示した。

01yos


05yos

03yos3 

ヨセミテはカリフォルニア( California )州の東側に沿った、シエラネバダ( Sierra Nevada )山脈の山々に囲まれた位置にあり、1890年に国立公園に指定された。1984年には世界遺産にも登録されている。面積:3081㎢ (東京都の1.4倍)、年間入園者:約395万人、園内の最高地点は3998mである。

ヨセミテの素朴な美しさを体験するには、公園内の歩道をハイキングするのがお勧めで、その雄大な風景は印象深く心に残るだろうと、日本語版地図は紹介している。しかし日程の詰まったツアーでは、そうした時間は設けられてなく、体験はできなかった。

ヨセミテに入ってまず驚いたことは、道路の両側に雪が残っていたこと、前日はデスバレーで42℃を超す暑さを体験したばかりなのに、翌日は残雪の中ということ、もう1点は、あちこちの松林で枯れ木が目立ったこと。かつて日本でもマツクイムシの被害を受け、松林が全滅した。ここでもマツクイムシの被害を受けているようだ。

P6124041 バスの窓から 両側に雪が残る

P6134055 赤く枯れた松が目立つ 予想外に多いマツクイムシの被害

公園の中心となっているヨセミテバレーは、深さ約1000m、幅1600m、長さ約11.5kmのU字型をした谷で、マセード川()の浸食によって作られた深いV字谷が、氷河期に入ってから氷河に浸食によってU字谷になったとされる。以前は地震による沈下説が有力だった。しかし氷河の痕跡を見つけて氷河説を発表したのが John Muir (1838~1914年)で、彼は自然保護活動に奔走し国立公園の父と呼ばれる。





« アメリカ西部国立公園物語 モノレイク | トップページ | アメリカ西部国立公園物語 ヨセミテ2 »

海外旅行」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ西部国立公園物語 ヨセミテ:

« アメリカ西部国立公園物語 モノレイク | トップページ | アメリカ西部国立公園物語 ヨセミテ2 »