« 2020年1月 | トップページ | 2021年9月 »

2020年2月

2020年2月23日 (日)

家庭菜園

朝日新聞によると、「家庭菜園をしていますか?」というアンケートに対して、「はい」と答えた人が63%であったという。私も現役を引退して以来、野菜作りを楽しんでいる一人だけれども、その比率の高いことに驚いた。回答に現れた野菜を育てる主な理由は、収穫の喜びを味わえる・取れたての味が味わえるなどだ。

何よりも私は自身の体力維持を第一に励んできたし、収穫の楽しみや新鮮な野菜の味を味わってきたのだが、最近は体力に自信がなくなりつつある。春野菜の準備が進まず、焦りにも似た気持ちを覚えるけれど、これからしっかり汗を流したいと思う。

2020年2月 7日 (金)

メジロ

メジロとウグイスを登録せずに自宅で飼育したとして、2人の男性が書類送検されたとの新聞記事を見て、子供のころを思い出した。

生まれ故郷の田舎では、家の裏に竹藪があり自由に切り出して鳥かごを作ることができし、また、麦秋には収穫した小麦をよく噛んでとりもちを作り、とりもち棒にしてメジロを追いかけたものである。しかし、鳥かご作りはなかなか根気のいる作業であったし、野鳥を捕獲することは難しく、摺り餌を食べるように飼いならすことは更に難しく、努力の要る作業であった。飼育に成功した者が、いたずら小僧仲間に自慢できた。

今では自然保護が徹底してこのような遊びはできなくなった。

2020年2月 3日 (月)

千葉県

愚息が千葉県に住んでいるけれども、観光のために千葉県を訪れたのは十数年も前のことで、南房総の菜の花を見てきた。これまで旅行を企画する際には温泉地を優先して選ぶ傾向が強く、温泉の少ない千葉県を訪れる機会はどうしても少なくなってしまう。

この程、海の幸が豊富な銚子と太平洋に昇る朝日を見たいと九十九里に宿をとった。真夜中に2度も地震がありその都度目を覚ましたけれども、晴天に恵まれ、愚息の運転する車で太平洋東海岸の旅を満喫できた。

帰途、少し時間に余裕があったので浅草寺を訪れ、無病息災を願って参拝する。浅草は相変わらず外国人が多く、特に中国の武漢で急激に流行している肺炎の影響で、マスクを付けた人が目立った。風邪を土産に持ち帰ったのではないかと、今日も懸念が広がる。

Bl-200203 浅草寺 

« 2020年1月 | トップページ | 2021年9月 »